常日頃の感謝を詰め込んで渡そう|敬老の日に贈るギフトについて

結婚祝いのお返し品

ギフト

結婚式を行う際には、新郎新婦がその結婚式に訪れた全ての出席者に対し感謝の気持ちを込めた品物を贈るものです。そういった品物のことを引き出物と呼び、地域や一族の慣習によってその意味が異なってくることもあります。一般的には、結婚祝いのお返しという意味で贈られるものとなっています。引き出物選びというのは、場合によっては今後の人間関係に影響してしまうものです。より喜ばれるものを贈ることで、円滑な人間関係を維持することにも繋がるでしょう。引き出物について考える時には、まずその相場について把握しておく必要があります。
引き出物の相場金額というのは、披露宴の飲食費用の1/3が目安です。例を挙げるならば、出席者一人当たりに掛かる飲食費用が3万円だった場合、贈るべき引き出物の相場金額は約1万円となります。そういった相場金額について知ることで、どういった物を贈るべきか選択肢をある程度まで絞ることができるでしょう。しかし、より多くの人に喜んでもらう事のできる物を選ぶというのは、そう簡単なことではありません。その場合には、カタログギフトという選択肢が最適です。カタログギフトというのは、新郎新婦が幾つかの引き出物をカタログとして纏め、出席者にその選択を任せるといったものになります。自身で選んだ物を贈りたいと考える場合には、食器類やカトラリー類というのも一つの選択肢になります。食器類は元々、割れてしまうものなので結婚式の引き出物としては縁起の悪いものとされてきました。しかし、近年ではデザイン性の高い食器類やブランド物等、そういった引き出物が人気となっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 常日頃の感謝を詰め込んで渡そう|敬老の日に贈るギフトについて All Rights Reserved.